審査員

手塚 貴晴【建築家/(株)手塚建築研究所 代表/東京都市大学 教授】

略歴

1964年 東京都生まれ
1987年 武蔵工業大学卒業
1990年 ペンシルバニア大学大学院修了
1990~1994年 リチャード・ロジャース・
パートナーシップ・ロンドン勤務
1994年 手塚建築企画を手塚由比と共同設立
(1997年 手塚建築研究所に改称)
2009年~ 東京都市大学教授

応募者へのメッセージ

木に寄り添う家を設計して頂きたい。
単に骨が木でできているというだけでは木造の真骨頂は発揮されない。
木造の真価は人が触れその温かみを確かめることで発揮される。
最終的には人の触れる部分は多かれ少なかれ木で仕上げられるものである。
どのように木を愛でるかという解釈は人によって違う。
指物師が編み上げる障子に価値を見出す趣味人がいれば、大黒柱に家族の歴史を見出す親父もいる。
しかし大切なことは木だからこそ実現する木の真骨頂である。
木が日本人の未来を如何に開いていくかということを模索してもらいたい。

主な受賞歴

  • 日本建築学会賞(作品)(2008年 ふじようえちえん)
  • 日本建築家協会賞(2008年 ふじようちえん)
  • グッドデザイン金賞(1997年 副島病院)(2013年 あさひ幼稚園)
  • 日本建築家協会 優秀建築賞(2015年 空の森クリニック)

粕谷 淳司【建築家/関東学院大学 専任講師】

略歴

1995年 東京大学工学部建築学科卒業
1997年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
1997~2002年 アプル総合計画事務所勤務
2002年 カスヤアーキテクツオフィス(KAO)設立・主宰
2008~2013年 明治大学・工学院大学で非常勤講師を歴任
2013年~ 関東学院大学専任講師

応募者へのメッセージ

「木に寄り添う家」を考えてください。
木材は構造材や仕上げ材だけでなく、建具にも家具にも、そして断熱材にも燃料にもなり得る材料で、そこに強固な地盤さえあれば、住宅のほぼ全てを木材で作ることも不可能ではありません。また木材は建築の主要な材料として唯一、繰り返し生産することが可能であり、その意味で、樹木だけでなく、製材された材木もまた、大きなサイクルの中を生きているのだと考えてよいでしょう。そして「木を考えること」は、そのまま「森を考えること」であり、「環境を考えること」でもあります。
あらためて「木」の持つ可能性に注目したとき、これからの家はどのように変わっていくでしょうか?新鮮な発想を期待しています。

主な作品

写真

黒石 いずみ【青山学院大学 教授】

略歴

学際的な視点から都市・建築の理論と歴史を研究教育している。香港大学・日本大学・工学院大学・ロンドン大学・ヴァージニア工科大学などで建築理論・歴史の講義と設計指導を行う。CCAリサーチフェロー。

応募者へのメッセージ

戦後、日本は技術的進歩の一方で森林や木造建築の伝統をないがしろにして来ました。その結果、大工さんの人口は激減し、木材は工場加工が一般化し、住宅で用いる木材の多くは外材で、床も仕上げも木を薄く削った材料を用いるのが普通です。そのために加工されても生き続ける木材の本来の魅力を、味わい育てる方法を私たちは忘れ、さらに森林を守り木材を育てる仕組みも危機に瀕しています。技術の変化は止めようもありませんが、その中で失われていくものを守りたいという意図もあって、このコンペティションは実現しています。今回のテーマ「木に寄り添う家」を考えるとき、皆さんには言葉ヅラではなく、この生きている木を大事にして生活する空間とは何か、どのようにして本当の木材の魅力を引き出せるのかを考えて欲しいです。

本・雑誌掲載

Confabulations: Storytelling in Architecture, Routledge 2016

本2

Locations, Anthology of Architecture and Urbanism, 2016

本3

Journal of Urban History, 2016

本4
毎日新聞社:1名/ヒノキヤグループ:1名

毎日新聞 第3回学生住宅デザインコンテスト

Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.