審査員

手塚 貴晴【建築家/(株)手塚建築研究所 代表/東京都市大学 教授】

略歴

1964年 東京都生まれ
1987年 武蔵工業大学卒業
1990年 ペンシルバニア大学大学院修了
1990~1994年 リチャード・ロジャース・
パートナーシップ・ロンドン勤務
1994年 手塚建築企画を手塚由比と共同設立
(1997年 手塚建築研究所に改称)
2009年~ 東京都市大学教授

応募者へのメッセージ

100年を超えている名建築のほとんどは木造である。構造が良くなければ100年保たないことは言うまでもない。だからといって柱や梁を太くすればよいという考えは間違いである。金物を入れれば良い、LVLやCLTを使えば良い、といった安直な考えを持たないでほしい。木は生きている。木には繊維の方向というものがある。縮む方向がある。しかしその難しさを読むところに面白みがあるのである。いくら構造がよくとも、建築は壊される。大切なのは愛着である。3世代4世代を超え価値を失うことなく人に愛され続けることは容易ではない。家族変化に合わせてフレキシブルに改装すればよいという考えも嘘である。100年を超える名建築には人が愛でた跡が残っている。一度100年を超えると今度は社会の方に壊すことは許さないという風合いが生じてくる。その風合いがさらに度を越して、将来の風土を担うまでに成長する建築を作っていただきたい。

主な受賞歴

  • 日本建築学会賞(作品)(2008年 ふじようちえん)
  • 日本建築家協会賞(2008年 ふじようちえん)
  • グッドデザイン金賞(1997年 副島病院)(2013年 あさひ幼稚園)
  • 日本建築家協会 優秀建築賞(2015年 空の森クリニック)
  • モリヤマRAIC(カナダ王立建築家協会)国際賞(2017年)

粕谷 淳司【建築家/カスヤアーキテクツオフィス 代表/関東学院大学 准教授】

略歴

1995年 東京大学工学部建築学科卒業
1997年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
1997~2002年 アプル総合計画事務所勤務
2002年 カスヤアーキテクツオフィス(KAO)設立・主宰
2008~2013年 明治大学・工学院大学で非常勤講師を歴任
2013~2018年 関東学院大学専任講師
2018年~ 関東学院大学准教授

応募者へのメッセージ

「古民家」と呼ばれ、大切にされている木造建築が日本各地に存在します。中には豪壮な住宅もありますが、その多くは建設当時、ごく普通の住宅だったはずです。つまり「100年木造住宅」は、それほど壮大な目標ではないはずなのです。では現在の一般的な住宅は「100年木造住宅」なのでしょうか?そうでないことは、統計が示す通りです。
「100年」は明快な目標です。そのために必要なものは、普遍性の追求なのか、暮らし変えの工夫なのか、耐久性の追求なのか、更新可能な工夫なのか?他の視点もあるかもしれません。実感に基づき、かつ説得力のある、多くの提案を期待しています。

主な作品

写真

黒石 いずみ【青山学院大学 教授/デルフト工科大学 NWO客員教授】

略歴

学際的な視点から都市・建築の理論と歴史を研究教育している。香港大学・日本大学・工学院大学・ロンドン大学・ヴァージニア工科大学などで建築理論・歴史の講義と設計指導を行う。CCAリサーチフェロー。

応募者へのメッセージ

米国の住宅が年数を経るほど価値が上がるのに対して日本では逆なのはなぜでしょう。日本の伝統的木造よりはるかに単純なパネル構造ですが、米国ではDIYで家や庭を作り込むのを趣味にしている人が多く、その年月が魅力として認知されています。日本でも昔は家族で床や柱をぬかで磨き、雑巾をかけ、障子の張替えを行いました。住宅の寿命を長くするのは構造や素材だけではなく、住民がそれを維持し改善する知恵と愛着を持つことが大事でしょう。そしてこれからの日本の住宅の作り方を考えた時、実は建築家はそういう住民と住まいの関係を可能にする、作り方・使い方・維持の仕方が一体となったデザインを提案する役割があるのではないでしょうか。そういう提案を期待します。

本・雑誌掲載

Confabulations: Storytelling in Architecture, Routledge 2016

本2

Locations, Anthology of Architecture and Urbanism, 2016

本3

Journal of Urban History, 2016

本4
毎日新聞社:1名/ヒノキヤグループ:1名

毎日新聞 第4回学生住宅デザインコンテスト

Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.